レンタルドレス

レンタルドレス

結婚式やパーティーのたびに新調するのは大変だと思います。レンタルドレスのサービスを上手に使いましょう。

わくわく通販 > レンタルドレス

レンタルドレス 結婚式

結婚式にお呼ばれされた時、服装は「パーティードレス」を着ていくものですが、選び方にはマナーがあります。

 

○全身白っぽい服装は花嫁の色なのでタブーです。クリームベージュやシルバーも白っぽいに含まれるので着て行かないよう注意しましょう。

○全身黒っぽい服装は喪服のイメージが強いので結婚式ではタブー。

○結婚式や昼の披露宴は肩だけでなく基本的に露出の多いデザインは注意が必要でノースリーブの場合は羽織物が必要になります。夜の披露宴では肩だしでもOK。

○足元はベージュのナチュラルストッキングにヒール5cm以上のパンプスが基本で、黒タイツ、カラータイツ、網タイツ、素足はNG。靴はブーツ、カジュアルなサンダル、つま先やかかとの見えるミュールがNG。

 

簡単にまとめてみましたが、注意をしていないとやってしまいそうなのが結構あります。服装マナーで失敗しないようしっかり覚えておきたいですね。

レンタルドレス 東京

マナーに合わせたドレスを自前で持っておくのは大変だと思います。1着くらいなら持っていても良いかもしれませんが、お呼ばれが多かったりするとその度に同じ物は着られないと思います。何着も持っていたとしても体のサイズが変わってしまって着れなくなってしまうこともありますし保管しておくのも大変です。

 

そんな時に便利なのが「レンタルドレス」のサービスです。

 

レンタルを有効に利用すれば、自宅に保管しておく必要がなくなるので管理面でとても楽になりますし、お呼ばれに毎回違うものを着て行くことができます。

 

「ルクシュール」はデパートで購入すると4万~5万円するドレスを格安でレンタルできます。

 

結婚式から食事会までいろいろなシチュエーションに対応できます。

買うよりもレンタルが便利で賢い方法です。

レンタルドレス トップへ戻る